HOME » 立体感のある胸元へ!デコルテケア初めてガイド » ザンネンな鎖骨を招く5つのNG行動

ザンネンな鎖骨を招く5つのNG行動

残念がっている女性美しいデコルテラインを保つためには、日頃のケアがもちろん大切です。とはいえ、いくらケアを頑張ってもデコルテにとって良くない習慣をしていたら努力も水の泡…。

そこで、ここではデコルテにとって良くない習慣を紹介したいと思います。

 

今すぐやめるべき!残念な鎖骨を招く5つの悪習慣

NGショルダーバッグやリュックを常用する
ショルダーバッグやリュックを毎日使い続けると肩や鎖骨に負荷がかかり、体全体がゆがみがちに。
特に、片側に持つクセがある人は要注意です。いくら気に入っているバッグでも、毎日使うのは避けた方がよいでしょう。また、荷物が重くなりすぎないよう調整することも大切です。

NGきついブラをつける
胸まわりを締めつけるようなキツいブラジャーをつけていると、胸周りの筋力が低下しやすくなります。
すると、胸が全体的に垂れてしまうため、鎖骨の位置も下がってきてしまうことに。
ブラジャーを外した時に跡が残るような人は、思い切ってワンサイズ大きなブラを着用することがおすすめです。

NG胸を張り過ぎる姿勢をとってしまう
姿勢を良くしたいからと胸を張ってしまいがちですが、実はこれもザンネンな鎖骨を招く悪習慣です!
胸を張り過ぎてしまうと、胸郭が背中側に引っ張られてしまい胸全体の位置が下がり、鎖骨も下がることに。無理に胸を張り過ぎないよう意識しましょう。

NG座る時に机との間隔が遠い
意外なことに、デスクワークの女性に多いこのタイプ。
体と机が遠くなることで腕が前に伸びてしまい、肩が内側に巻き込まれて鎖骨ラインが崩れてしまいます。
机に座る時は椅子を机に近づけ、深めに腰掛けるようにしましょう。

NGうつ伏せ寝や左右どちらかに横向けで寝る癖がある
偏った姿勢で寝ると鎖骨のゆがみを招くことに。横を向いて寝られる方は、鎖骨や胸が圧迫されることがあります。また、小さなシワやたるみが出来てしまう恐れもあります。
うつ伏せ寝も鎖骨の形が崩れる原因に。就寝時は、仰向けで胸や鎖骨に負荷がかからないようにしましょう。

皆さんは、当てはまる項目はいくつありましたか?ひとつでも心当たりがある方は少しずつでも改善してみてくださいね!

デコルテの悩みに効くおすすめ化粧品はこちら>>