シミ

このページでは、首のシミに効くおすすめ商品や原因、ケア方法などをまとめています。

首のシミにおすすめのデコステケアコスメ・成分比較!

商品名/有効成分 プラセンタ ビタミンC誘導体 シミに効く
その他の成分
シルキースワン
(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)

(カンゾウ根エキス)
イポケアEX
(リン酸アスコルビルMg)

(ウワウルシ葉エキス)
ぽっつるん
(エイジツエキス)

首のシミに効く成分として、プラセンタ、ビタミンC誘導体があります。

プラセンタには、チロシナーゼの活性を阻害するという作用があります。紫外線などの影響によって作られたメラニンはまず、チロシンというアミノ酸ですが、このチロシンに活性化したチロシナーゼが作用することで、黒色メラニンへと変化していきます。つまり、チロシナーゼを活性化させなければ、シミを防ぐことができるというわけです。

また、プラセンタは新陳代謝を活発にする効果があります。新陳代謝を活発にすることで、できてしまったメラニン色素の排出を促し、シミを作らなくすることもできるのです。

シミに効果のある成分として、ビタミンCが挙げられることが多々あります。ビタミンCは、メラニン色素の過剰な生成を抑えたり、できてしまったメラニン色素を普通の色素に戻す働きがあるといわれているからです。

けれども、ビタミンCは、不安定で酸化しやすく、肌に吸収されにくいという欠点があります。この欠点を補い、皮膚に浸透しやすくしたものがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、皮膚に浸透するとビタミンCへと変化します。

ビタミンC誘導体にはいくつかの種類があります。リン酸アスコルビルマグネシウムは、水溶性ビタミンC誘導体の中でもっとも効果があるといわれています。

このほか、カンゾウ根エキスには、チロシナーゼの働きを抑える効果があるグラブリジンが、ウワウルシには、同じくチロシナーゼの活性化を抑えるアルブチンが含まれています。

エイジツエキスはフラボノイドを含み、活性酸素を除去する効果が期待できます。

シルキースワン

主な配合成分 ヨクイニンエキス、ドクダミエキス、スクワラン、プラセンタエキス、カンゾウ根エキス、キハダ樹脂エキス、ヒアルロン酸ナトリウム シルキースワンの商品画像
引用元:シルキースワン通販サイト
<http://hoconico.com/silkyswan/lp01/index.html?ad_code=1002&gclid=CJyvzdbi_csCFQF_vQodPXYBgw>
価格 10,584円(40g)
特徴 シミに効くカンゾウ根エキス配合。クリームは伸びがよくするっと塗れるタイプ。

イポケアEX

主な配合成分 ヨクイニンエキス、ウワウルシ葉エキス、紅藻エキス、褐藻エキス、緑藻エキス、グリセリン イポケアEXの商品画像
引用元:イポケアEX通販サイト
<http://www.amazon.co.jp/bc-link-イポケアEX/dp/B0048C7V12>
価格 1,800円(18ml)
特徴 色素沈着に効果が期待されるウワウルシ葉エキス配合。肌が柔らかいお風呂上りにつけると◎。

ぽっつるん

主な配合成分 ヨクイニンエキス、エイジツエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、アルギニン、カラメル、オウゴンエキス ぽっつるんの商品画像
引用元:ぽっつるん通販サイト
<http://item.rakuten.co.jp/tsuhan-ohkoku/15002067/>
価格 4,104円(15g)
特徴 あまり有名ではないですが、シミへの効果が期待できる成分・エイジツエキスが配合されています。

首にシミができる原因とは?

顔や二の腕はしっかりUVケアをしているのに、うっかり忘れてしまいがちな首。できてしまうとやっかいな首のシミについて、原因や種類、対策方法を紹介します。

顔のUVケアはしっかりしていたのに、首はおろそかになっていて、年齢を重ねた頃にシミになってあらわれてくるということも少なくないようです。

肌の表皮は紫外線を浴びると、表皮の下部にあるメラノサイト(色素細胞)に信号を送り、メラニンを作り出すことを命じます。これは、メラニン色素を作ることで皮膚を守ろうとするためです。

メラニン色素は通常、皮膚のターンオーバーによって剥がれ落ちていきます。そのため、色素沈着は起こらないのですが、長時間紫外線を浴び続けたり、強い紫外線を受けると、メラニン色素の生成が活発になり、過剰につくられていきます。

さらに、紫外線の影響によって、ターンオーバーが乱れてしまうので、メラニン色素が正常に排出されなくなってしまいます。

紫外線以外にも、メラニン色素が生成される原因があります。活性酸素。活性酸素ができてしまうと、それを除去しようとしてメラノサイト刺激ホルモンが分泌され、メラニンが生成されてしまいます。

活性酸素ができる原因としては、紫外線はもちろん、ストレス、睡眠不足、激しい運動、飲酒、喫煙、便秘、食品添加物、電磁波などがあります。

さらに、皮膚の炎症が長期にわたって続くと、シミになる場合があります。

たとえば、日焼け、やけど、ニキビ、合わない化粧品、虫刺され、摩擦、湿疹などが、皮膚に炎症を起こすことがあります。こうした炎症の中には、見た目にわからない場合もあるので注意が必要です。

シミにはいろいろな種類があります。

普通のシミはいわゆる老人性色素斑とよばれるもので、おもに紫外線が原因でできるシミです。

皮膚が炎症を起こすことでできるシミは、炎症性色素沈着と呼ばれます。そのままにしていても消える場合もありますが、早くても数カ月、長いと数年かかることもあります。

アウトドアなどで長時間、紫外線を浴び続けると光線性花弁状色素斑というシミになることがあります。これはおもに、肩や背中など上半身にできる、花びら状の茶色いシミです。

さらに、首にできやすいシミのひとつに「摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)」というものがあります。これは、摩擦によって皮膚が繰り返し刺激を受けることによってメラニン色素が沈着してしまい、黒ずんでしまうことです。

この摩擦黒皮症の原因としてもっとも多いのが、お風呂に入ったときにナイロンタオルなどで体をゴシゴシこすることだといわれています。

首のシミをケアする方法

首のシミのケア方法としては、紫外線対策をしっかりすること。日焼け止めを塗るときは、顔や腕だけでなく、首にもしっかり塗るようにします。

顔に使っているスキンケア化粧品を、そのまま首に塗っても構いませんが、できてしまったシミをケアしたいのであれば、美白成分が配合されているものがおすすめです。

美白成分には大きく分けて、シミができないよう、メラニンの生成を抑えるタイプと、できてしまったシミを薄くするタイプがあります。

炎症性色素沈着の場合は、放っておいてもいずれ消えるのですが、早く消したいという場合には、美白成分が配合された化粧品を使ったケアがおすすめです。